ライン

リハビリテーション

ライン

人生の質の改善に

ノルディック・ウォークは、2本のポールで体を支えながらウォーキングを行えるため、ご高齢で体力に自信のない方や腰痛・膝痛・股関節に痛みがあり通常の歩行が困難な方や、術後のリハビリの現場などでお使いいただいております。
また、ノルディック・ウォークは上半身を使う全身運動ですので、全身の筋力の強化により自立体力の向上が期待できます。
自立体力が向上することで、QOL(quality of life:人生の質)が改善され、ご本人の生きるちからの手助けになるとともに、ご家族による介護の負担軽減にもつながります。

医療現場でのノルディック・ウォーク

ノルディック・ウォークはすでに医療の現場で活用されています。
一般社団法人全日本ノルディックウォーク連盟には多くの医療従事者が加入しており、学術的な研究や臨床実験を行い日々その成果を蓄積しています。

デイサービスや特定介護保険施設でのノルディック・ウォーク

90歳を超えても自立して歩くことが出来るということは本当にすばらしいことです。
年齢が進むと、ちょっとしたアクシデントによる怪我や事故などで筋力や骨がもろくなります。
「歩かなければ、歩けなくなる」というように、日々の生活習慣が大きく歩行器の老化に直結しています。
リハビリや加齢による体力の低下の予防にノルディック・ウォークはとても有効です。
ノルディック・ウォークを継続すると血液の循環がよくなることで、善玉コレステロールの増加や血液中に溶けている脂質の低下により動脈硬化などが予防されます。
いつまでも元気で楽しんで人生を過ごすために、ぜひ多くの方にノルディックをお勧めください。

サンプル画像

スポーツ選手のトレーニングとしてのノルディック・ウォーク

ノルディック・ウォークにより足や腕の骨に刺激を与えることにより、骨が強くなります。
骨は刺激を与えることによってカルシウムがより吸収され強くなることが知られています。

サンプル画像

ライン

スキルアップによる指導者の育成

当連盟では、指導者の育成プログラムの一環として、効果的かつ実践的なスキルの取得を推奨し、それらを医療・介護でのノルディック・ウォークに役立てています。

自立体力検定士

ノルディック・ウォークにより足や腕の骨に刺激を与えることにより、骨が強くなります。
骨は刺激を与えることによってカルシウムがより吸収され強くなることが知られています。

SEIKO ハートレート・モニターガイド

当連盟とセイコースポーツライフ株式会社が2年もの歳月をかけて共同開発した当連盟公認ツール(脈拍計)を活用し、運動時の脈拍管理を指導しています。
「より安全な運動(トレーニング)の目安」として、「より効果的な運動(トレーニング)の基準」として個々の運動レベルに応じた「ノルディック・ウォーク運動プログラム」の確立を推奨しています。

フットバランス・マスタートレーナー

フットバランスは当連盟が公認するトレーニングツールで、特殊なソール形状が骨盤の左右運動を促し、股関節の有効可動域を広め、歩幅を広める効果があります。
また、正確なローリング動作を促し、正しい歩行姿勢をサポートします。
ノルディック・ウォークとの効果的相性が非常に良く、ノルディック・ウォークと組合わせることにより、相乗効果で運動効果は更にアップします。

Copyright (C) NPO Oita Nordic Walk League. All Rights Reserved.