ライン

ノルディック・ウォークとは

ライン

ノルディック・ウォークとは

ノルディックウォークは、ヨーロッパは北欧フィンランドにおいてスタートした2本のポールを使ったウォーキングです。
1930年代からフィンランドのクロスカントリー選手の夏場トレーニングの一つとして活用され、
1900年代後半からはその手軽さと全身運動効果の高いエクササイズとして注目されはじめ、日本だけでなく世界中で急速に人気が高まっています。

こんな人におすすめ

・スポーツは苦手だけど運動不足を解消したい人
・これからウォーキングをはじめようと思っている人
・メタボリック症候群、高脂血圧症、高血圧、糖尿病を指摘されている人
・シェイプアップや姿勢矯正、美しい歩き方をしたい人
・ご高齢で体力に自信のない人や腰痛・ひざ痛・股関節痛があり、通常の歩行が困難で悩んでいる人
・リハビリ・介護予防・転倒予防の一環として活用を検討している専門職の人
・スポーツ選手の体力維持・強化トレーニングを探している人

ライン

ノルディック・ウォークの効果

生活習慣病の予防に

厚生労働省「健康づくりのための運動指針」に照らし合わせて考えると週間必要運動量/週23エクササイズに対して「散歩」は、3メッツ「ウォーキング/速歩」が4.3メッツですがノルディック・ウォークの場合、身体全体の90パーセントの筋肉を活用する全身運動となり、その運動量は5.2メッツに相当します。
すなわち週に2回1時間づつノルディック・ウォークを楽しむだけで目標運動量の約半分が達成できるのです。
※メッツとは身体運動の強さを安静時の何倍に相当するかを表す単位で、何もしないでじっと座って安静にしている状態が1メッツです。

サンプル画像

リハビリテーション・介護予防に

ノルディック・ウォークは両手にポールを持つので歩行時には3点支持、4足歩行となるので身体の90パーセントを活用する全身運動となり消費カロリーはアップするのですが、両足(特に腰、膝、足首や関節等)にかかる負担は逆に大きく軽減でき、体感的には楽に感じるのがノルディック・ウォークの最大の特徴です。
高齢者や衰えた筋肉を向上させる為のリハビリでの活用、病床から離床される際の安全確保や転倒予防に、あらゆる場面での活用が考えられます。

サンプル画像

ダイエット&姿勢矯正ボディリメイクに

上半身の筋肉を活動させるとともに適正な長さのポールを持つことにより背筋が伸び、歩幅が広がるので理想的なウォーキングフォームを身につけることが容易になります。
必然的に体幹部のネジレが生じウエストの引き締め効果や首や肩の筋肉への血行が盛んになり肩こり解消に効果的です。

サンプル画像

歩育としての活用に

体力が低下し「キレる」子供達が増える中、運動の重要性と正しい食生活への見直しが急務ですが、子供達にポールを持たせて歩くことは、とても新鮮で特別な楽しみを感じさせてくれるはずです。
運動が苦手な子供達でも誰もが簡単に取り組め新しい体育種目としての取り組みにも期待がかかるところです。

サンプル画像

スポーツやリクレーションとして楽しみましょう

現在、欧州では最も愛好者の増えているスポーツと言われ、至る所でコースが設置されています。
ここ九州においては、「豊後水道絶景ウオーク大会」をはじめとして、熊本、鹿児島、長崎、宮崎において続々とノルディック・ウォークの大会が各地で誕生し始めました。
森や湖、小川のほとりをノルディック・ウォークすることでナチュラルキラー細胞の増殖やリラクゼーション効果、効能が認められ医学的には森林セラピーとの併用に期待が高まっています。
又、砂浜を歩く「ビーチノルディック」にも注目が集まりはじめ、アスリート達を筆頭に新しいトレーニング方法として注目されるでしょう。

サンプル画像

ライン

ノルディック・ウォークの基本

社団法人日本ウオーキング協会の部会として発足した一般社団法人全日本ノルディックウォーク連盟では、従来のノルディックウォーキングに学術的な研究を重ね、日本独自のポール開発を行い、従来のノルディックウォークを「アグレッシブタイプ」、前方にポールを着くポールウォークを「ディフェンシブタイプ」と定義し普及を図っています。

私たちNPO法人 大分県ノルディック・ウォーク連盟も、一般社団法人全日本ノルディックウォーク連盟が推奨する日本独自のウォーキング健康法の普及を行っています。

ノルディック・ウォークは、ポールの長さ、突く位置や角度、そして腕の振りと歩幅を調節することで、自由に運動強度や鍛える部位・筋肉を調節可能です。
つまり利用者の使用方法で無限のエクササイズを行うことが可能です。
ここでは基本となる4つのノルディックウォークスタイルについてご説明いたします。

(1)アグレッシブスタイル ----- 運動強度 ★★★★★強

サンプル画像

腕を前に出し、しっかりと肘を伸ばして斜めにポールを突いている。
腕をしっかりと前に出し、ポールを斜めに突くことにより体を前方に押し出すイメージを持つと良いでしょう。
上腕三頭筋に大きな負荷がかかることが理解できるはずです。
慣れてきたらポールを突く角度に合わせて上半身の角度を前方に倒すことで、より一層推進力を得ることが出来、更に運勉強度の強いアスリート向けのポールランニングと発展していきます。

(2)アグレッシブスタイル ----- 運動強度 ★★★★ やや強

サンプル画像

腕を前に出しているが肘はやや曲げ気味で同様にポールを斜めに突いている。
歩行時に自然に腕を振る中でタイミングを合わせてポールを斜めに突いていきます。
ノルディック・ウォークの最も基本的なスタイルと言え下半身だけでなく上肢を積極的に活用する為、四肢筋肉をバランス良くアップさせることが出来るウォーキングスタイルです。

(3)ディフェンシブスタイル ----- 運動強度 ★★★ 中

サンプル画像

ポールは垂直に突いているが、肘はやや伸ばし気味でスタンスも広め。
生活習慣病対策や高齢者の健康運動対策、そして関節障害を持たれている方やスポーツ障害のリハビリに至るまで現在、最も活用範囲が広いと言われている安全かつ運動効果を享受できる基本ウォーキングスタイルです。
姿勢矯正にも効果があると言われています。
ポールの扱いに慣れてくれば意識的に腕をしっかりと前に突き出すことにより歩幅も広がり前述(2)の運動と遜色無い運動効果と歩行スピードを得ることも可能です。

(4)ディフェンシブスタイル ----- 運動強度 ★★ 弱い

サンプル画像

片側のポールを垂直に付くと共に、残りのポールは後足の横に沿え、4点指示を基本とした最も安全、かつ安定感のある歩き方。
主に高齢者や運動不足による筋肉減少がある方々に対し歩行補助具としての考え方です。
一本杖に比べ左右均等の運動となる為、左右の筋肉がバランス良く運動できると同時に正しい長さを持つことで姿勢矯正にも大いに役立ちます。
長期療養による筋肉の減少などで病床からの離床に不安のある方などにも大いに役立つでしょう。
正しい使用方法により階段の上り下りも格段に楽になります。

Copyright (C) NPO Oita Nordic Walk League. All Rights Reserved.